Pocket

クリニークデオドラントは脇汗に効くけど痒みが出る?副作用の心配?


こんにちは。


ワキガ対策の商品を探していると、必ずと言っていいほど名前が上がってくる商品。


クリニークデオドラント


口コミを見ていると、かなり効いた!という方もいます。


しかし、一方で、かゆみが出てきたなんていう副作用の口コミもあります。


人気のある商品なだけに、副作用があるというのは気になります。

クリニーク デオドラントの有効成分・その他成分を調べてみました。


クリニークデオドラントの正式名称はちょっと長いのですが


アンティ パースパイラント デオドラント ロールオンという商品名です。

クリニーク デオドラントの商品概要

クリニークデオドラントはロールオンタイプで、


主に脇に商品を塗り付けて、汗とニオイを抑えます。

有効成分アルミニウムヒドロキシクロリド?

アルミニウムヒドロキシクロリドは、塩化アルミニウムの一種で、


制汗作用の強い成分です。


汗と反応することで結晶化し、汗の穴をふさくごとによって汗を止めます。


また、殺菌効果もあります。

副作用のかゆみ、その原因は?

クリニークデオドラントの口コミには


脇がめちゃくちゃ痒い!!


かゆくなって止めましたが、止めても痒い。


など、「かゆみ」という副作用があらわれた人たちもかなりいるようです。


その原因は、


前述の塩化アルミニウム(アルミニウムヒドロキシクロリド)です。


制汗作用が強いということは、


それだけ肌への刺激が強いということにつながります。


そして、殺菌効果があるために、


善玉菌などの「お肌に良い」菌も退治してしまいます。


結果、肌の状況の悪化が,かゆみなどの症状としてあらわれるのです。

クリニークデオドラントを使ってみた感想は?

とはいえ汗がしっかり抑えられるのであれば、


ニオイも無くなってくれるのではないかと考え、クリニークデオドラントを使ってみました。


結論としては、涼しい季節なら十分使えるかな、という印象です。


汗の量は減少しますが、パースピレックスやデトランス等、他の制汗剤のほうが汗は抑えられます。


少し高いのですが、効果は他の市販品とそれほど変わらないかも。


あと、塗ってから乾かすまでヨーグルトのような独特の香りがあります。


私は大丈夫でしたが人によっては苦手に感じるかもしれません。

クリニークデオドラントの副作用のまとめ


汗を抑えてくれる成分が、副作用まで引き起こすとはショックでした。


かゆみ我慢して使い続けても、


肌には良くないし、そうなるとストレスがたまる一方だなと悩んでいだところ


見つけたのがラポマインです。


クリニークデオドラントを含む一般的なデオドラントは、


制汗と殺菌だけをカバーする商品が多いのですが、


このラポマインは保湿までケアしてくれます。


また、使った後もサラサラで香りも気にならず、


乾きにくいデオドラントを多く使ってきた私はとても感動しました。

ラポマインをおススメする理由

理由① ”保湿”でワキガの原因に対処する。

ワキガはアポクリン汗腺から分泌された有機物を含んだ汗を

 

肌の常在菌が分解して発生が分解して発生する悪臭です。

 

今までの多くのワキガケア商品は”乾燥”あるいは”殺菌”し、ワキガケアをする商品が大半でした。

 

ラポマインは”保湿”により、肌の状態を整え、更に殺菌することで

 

雑菌の繁殖を抑えワキガの臭いを抑えます。

 

保湿という新しいアプローチで臭い減少を実感した人は数多く存在し、

 

ラポマインは約10万本の大ヒット商品です。

理由② 医薬部外品成分が配合されている。

 イソプロピルメチルフェノール(消臭)、パラフェノールスルホン酸亜鉛(制汗)等の

 

医薬部外品成分が配合されています。


また日本食品分析センターの試験に基づいて、


ニオイ成分97.7%カット、殺菌成分99.9%の確実な効果も確認されています。


ドラッグストアやコンビニで販売されている様々なデオドラントケア商品を試して、


何度もがっかりした経験がある私ですが、ラポマインの効果には感謝しています。

理由① 今なら約30%オフでお得に購入可能

ラポマインは通常、都度購入であれば定価8,560円(税抜)です。

 

今なら3本(1本/月、3ヵ月)の定期コースで、5,700円(税抜)で購入可能です。

 

25日間の返金保証もついていて、安心して購入可能です。