Pocket

ワキガ手術の剪除法:副作用やデメリットは何?

悩みを根本からなくせたらいいなと思いませんか?


施しを一度するだけで、悩みが無くなればどんなに嬉しいことか。


私は「ワキガ」という悩みをなくしたいと思っています。


今まで市販品の制汗剤やデオドラントを数え切れないくらいに使いました。


しかし、常に施し続けないと悩みが消えなことが、ストレスでした。


そこで知ったのが「剪除法」でした。


この剪除法は半永久的に効果が持続するとも聞きました。


やってみたいと思いましたが、デメリットが無いのか気になりました。

剪除法にはデメリットがあるのか?

半永久的にワキガから開放されることは、とても嬉しいことですが、


それだけにデメリットもあるのではないかと思い調べてみました。

剪除法の副作用

ワキガへの効果が高い分、やはり副作用はあります。


剪除法という方法の特徴から、


傷口が色素沈着を起こして、ワキが黒くなってしまう可能性があります。


こうなると夏場にワキが見えるような服が着れなくなってしまいますね。

剪除法のデメリット

副作用だけでなく、デメリットもあります。


体への負担が大きい


手術となりますので、体への負担は大きくなります。


麻酔が効いている間はいいのですが、


麻酔が切れると、手術した箇所が引っ張られる感じや、


強い痛みを感じるなど、人によっては術後2~3日はかなり痛む場合もあります。


さらに術後はワキの下を2~3日ほど固定したり、


1週間ほどは腕が上げられない状態になります。


固定方法が危険


術後のワキの固定方法ですがタイオーバーという、


ガーゼを直接皮膚に縫い付けて固定する方法で固定される場合があります。


タイオーバーで固定すると、ワキは皮膚がよりやすい部位のため、


皮膚を剥がした部分に血液が溜まる可能性があり、


それを放置すると血が塊となり、血行不良を起こしたり、


ひどい場合は皮膚が壊死する場合もあります。


感染症が心配


手術した箇所は傷となりますので、


そこから感染症を発症する可能性が出てきます。


手術後は3日程度はワキを濡らすことができませんので、


お風呂も不自由になります。


仕事を休まなければならないかもしれない


最低でも2~3日はワキを固定しなければいけないので、


場合によっては会社を休まなければならなくなります。


ワキガという悩みは人に知られたくないし、


こそっと治したいものなのに、会社を何日も休んでしまったら、


知られてしまうことにもなりかねません。

副作用ナシでワキガ改善できる方法があった!

剪除法の効果は、上手くいけば一生もの、


そうならなくてもかなり長い期間の効果が期待できるのが、


大きなメリットでしたが、副作用やデメリットを考えると現実的ではないなと思い、


剪除法はあきらめました。


ワキや体に負担をかけず、副作用が無くて、


それなりのワキガ改善効果があるものはないかと、


探しつづけたところで出会ったのが、


デオドラントクリームの活用です。


今はかなり効果があるデオドラントクリームが、


わざわざ出かけて買いに行かなくても、


インターネットで自宅に居ながら手に入れられます。


今の私は、この方法でワキガ改善を行っています。