Pocket

ワキガ治療に効果的なボトックス!製薬種類:アラガンとは?

ワキガを改善するいい方法は無いかな、


と、色んな方法やアイテムを探していた時に、


「ボトックス」という言葉を知りました。


そしてボトックスは脇に注射することでワキガを改善することを知って、


それは美容クリニックなどで施術してもらえることも知りました。


そして、とある美容クリニックでボトックス注射を施術してもらったのですが、


ボトックスでも色々種類があって、料金も違っていました。


ボトックス注射を初めてする方には、違いなどを知ってもらえたらと思ったので、


この記事を書きました。

ボトックスを販売している会社、種類

色々な美容クリニックを見ていただければ分かりますが、


ボトックス注射と一言に言っても、


使われている薬剤が違ったり、料金が違ったりしています。

ボトックスは登録商標

ボトックスとは商品名であり、アメリカの大手製薬会社「アラガン社」の薬剤なのです。


このアラガン社のボトックスはボツリヌストキシン製剤の中でも一番有名なため、


ボトックス以外の薬品名での施術もひとくくりにして、


「ボトックス注射」や「ボトックス治療」という表現をしている美容クリニックもあったりしますので、


注意が必要ですよ。

ボトックスとそれ以外のボツリヌストキシン薬剤

一般的な表現にされている「ボトックス注射」ですが、


ボトックス以外のボツリヌストキシン製剤は、


どのようなものが使われているのでしょうか?

ボツリヌストキシン製剤一覧

製剤名 製薬会社 生産国 施術代(目安)
ボトックス アラガン アメリカ 30,000円~100,000円
ディスポート イプセン イプセン 20,000円~70,000円
リジェノックス ヒューゲル 韓国 5,000円~20,000円
ニューロックス メディトックス 韓国 6,000円~30,000円

ボトックス

アラガン社(アメリカ)のボツリヌストキシン製剤。


世界シェアはNO.1なため、ボトックス以外の製剤を使っていても、


総称して「ボトックス注射」とボトックスの名前が使われるくらいです。


FDA(日本の厚生労働省にあたる機関)の認可も受けています。


臨床データが豊富にあり、効果や安全に対する信頼性が最も高い薬剤です。

ディスポート

イプセン社(イプセン)のボツリヌストキシン製剤です。


ボトックスと同じくFDAの認可を受けています。


地域としては、主にヨーロッパではディスポートが使用されることが多くなっています。


シワ取りの効果に関しては、ボトックスよりも効果が高いと一部では言われています。


ボトックスとあまり変わらない高額なのがネックです。

リジェノックス

韓国にあるヒューゲル社が開発し、


同国のハンス バイオメド社が販売しているボツリヌストキシン製剤。


韓国で正式に第III相臨床治験まで実施されていて、


KFDA(韓国の食品医薬品安全庁)の認可もあります。


メリットはボトックスに比べて安価であり、


多くの美容クリニックで扱われていることです。


デメリットは、臨床治験やKFDAの認可も受けていますが、


安全性に問題あるという意見があります。

ニューロックス

メディトックス社(韓国)のボツリヌストキシン製剤です。


KFDA(韓国の食品医薬品安全庁)の認可を受けています。


同国のリジェノックスと比べると、


取り扱っている美容クリニックは少ないです。


ボトックスに比べると料金は安いですが、


効果は弱く、安全性が低いという声があります。

回り道してたどり着いた改善方法

私は失敗したくなかったので、一番安心で効果が高いといわれていた、


アラガン社のボトックス注射を施術してもらっていました。


ボトックス注射も効果があってよかったのですが、


持続性が一生続くわけではなかったので、


通う手間と費用に負担を感じてしまいました。


お金をかけないでワキガを改善することなんて出来ないですが、


出来るだけ費用を抑えて、通う手間や時間を何とかしたいなと思いました。


手間は最小限で、ワキガ改善の効果は同等かそれ以上で費用もそれなりの方法として、


たどり着いたのはデオドラントクリームの活用です。


今はかなり効果があるデオドラントクリームが、


わざわざ出かけて買いに行かなくても、


インターネットで自宅に居ながら手に入れられます。


今の私は、この方法でワキガ改善を行っています。