Pocket

ワキガ対策のボトックスは失敗が多い?効かない原因は?


脇のニオイや大量の汗に悩んでいろいろ検索していると、


必ずといっても言いほど目に入ってくる『ボトックス』


実はわたし管理人、ボトックス経験者です。


様々な制汗剤を試してきて、効果が得られずガッカリしている時期でした。


手術をすることも頭によぎりましたが、さすがにそれは怖い。


そんな時に出会ったのがボトックスです。


身体にメスを入れるのは怖いけど、注射なら・・・と思い、


ボトックスを始めました。


効果自体はたしかにありましたが、


その持続には期間があり、何度もボトックスをしなければいけないことに、


コストパフォーマンスの悪さを感じ、現在は止めています。


また、調べていくと、最初からボトックスが効かないという口コミもありました。


ボトックスに効果がない、失敗した原因は何だったのでしょうか?

ボトックスが効かなかった原因って何?

ボトックスが効かなかった!という口コミも。

思っていたよりも、汗もニオイも減らなかった。

何回やっても効果を感じることができなかった・・・

汗の量がいまだに多い。

体質に合わなかったのか、ボトックス前より症状がひどくなった。

効いたという口コミも多い中、


結構効かなかったという方もいらっしゃいました。


また、腕がしびれるなどの副作用がでたという口コミもありました。

なぜ効かないのか?

では、なぜこんなにも効果に幅があるのでしょうか。


原因は大きく分けて3つあると考えられます。

個人差

一つ目は、遺伝子的要因や代謝等の『個人差』です。


基本的なお話になってしまいますが、脇汗や脇のニオイと言っても、


ひとりひとり症状が違います。


それは原因やそのレベルが違うからです。


ですから、同じボトックスを受けたとしても効果が違ってくるのです。

技術的な要因

次に、施術する医師の技術的な要因が挙げられます。


ボトックス注射で重要なのは、


注入の『位置』『量』『深さ』です。


この3点をきちんとおさえて、個人に合った治療をできるかどうかが、


大きな鍵となります。


経験豊富な医師もいれば、そうでない場合もありますので


どんな医師から治療を受けたかが効果に影響するのです。


多汗症/ワキガのタイプ

そして3つ目、これが一番大きな原因ですが、多汗症のタイプがどれかということです。


先述したように、ボトックスいわゆるボツリヌス菌が抑制してくれるのは、エクリン汗腺です。


しかし、わきが型多汗症の方の汗は


アポクリン汗腺から出てきます。


ですので、ワキガの方には効果が出にくいというわけです。


実際、汗の量は減ったけど、ニオイはそのままという方も多くいらっしゃいます。

まとめ

手術ではなく注射で治るのなら、とボトックスをしてみましたが、


やはり効果の持続性や、数ヶ月後とにずっと注射を打ち続けないといけないことを考えると、


私としてはあまりボトックスはおすすめできません。


また、そもそも効果自体がないという方も多いです。


ボトックス経験者である私は、


現在デオドラントクリームを使っています。


ボトックスの施術の為に出かけていく手間、


効果の持続性と一回ごとのお金のことを考えた場合に、


断然こちらの方が良いと感じています。


天然由来の成分なので、副作用の心配もなく


定期コースで自宅まで届けてくれるので、買い忘れの心配もなし。


汗の量もニオイもかなりなくなったので効果も実感できています。


ボトックスする前に試して欲しいなと感じています。