Pocket

切らないワキガ治療法 脇ボトックスとは?

ワキガを改善する方法には色々ありますよね。


自分にはどの改善方法がマッチするのか悩みますよね。


試してみれば自分にマッチするのかどうかが分かるけど、


全てを試すのには時間もお金もかかります。


とても大変なことです。


私は、その大変な思いをしたひとりです(笑)


色々と試した方法の中には「脇ボトックス」がありました。

ボトックスとは?

ボトックスは注射で行われます

ボツリヌス菌を脇に注射し、ボツリヌス菌が発汗を促進するアセチルコリンを抑制します。


エクリン汗腺の汗を抑えることで、ワキガの原因菌の繁殖を抑制し、ワキガが改善されるのです。

ボトックスの原料、ボツリヌス菌とは?

食中毒の原因菌といわれると、「えっ!怖い!」って思いますよね。


だけど本当なのです。


しかし、ボトックス注射ではボツリヌス菌がつくるタンパク質(ボツリヌストキシン)を、


加工して薬としたものを用いますので毒ではありません。あくまでも薬です。

エクリン汗腺とは?

汗が出るところです。


エクリン汗腺は体の全体に分布しています。


エクリン汗腺から出る汗は


・体温を調節するため汗


・緊張や驚きなど精神的な汗


・辛いもの、熱い物を食べた時に出る汗


で、比較的サラサラな汗で無臭なのが特徴です。

ボトックスが使われるようになったのは?

ボトックスは元々、医療リハビリの目的で、


眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頚などに用いられています。


ボツリヌス菌という毒素を体の麻痺した部位に注射することで、


神経の末端に働きかけてアセチルコリンの放出を阻害して筋肉の余計な動きを止めてくれるのです。


この働きを利用してワキガ治療に用いられているのです。

ボトックス注射の安全性

手術

ボトックスは注射なので手術をしませんので、


その点では安全性は高いでしょう。

ボトックスの製薬会社

ボトックスは、アメリカの大手製薬会社「アラガン社」の薬剤です。


ボトックスはアラガン社の商標登録商品のため、


他社ではボトックスという名前は使えないのです。


しかし、病院では患者さんに分かりやすいように、


ボトックスのジェネリックであるボツリヌストキシン製剤を使った注射も、


「ボトックス注射」とうたっていることが多くあります。


ボツリヌストキシン製剤の製薬会社と製剤には、


・イプセン社のDysport(ディスポート)


・ヒューゲル社のRegenox(リジェノックス)


・メディトックス社のNeuronox(ニューロックス)


があります。

アラガン社のボトックスが安全

他のボツリヌストキシン製剤に比べて値段は高くなりますが、


安全性はかなり高いという評判です。


ちなみに私は、アラガン社のボトックス注射でした。

ボトックスのワキガへの効果は?

一定の効果はアリ

ワキガの改善効果は実感できました。


また「ボトックス注射までしたのだから大丈夫だろう」


という精神的な安心感もあり、発汗の心配もなくなったので、


効果がでたのかな、と思います。

ワキガの元を改善しているわけではない

しかしボトックス注射はエクリン汗腺の活動抑制なので、


ワキガの原因物質が減る訳ではなくて、


無味無臭の汗の減少効果なのです。

効果は永続的ではない

ボトックス注射を行ってからの効果の持続ですが、


私の場合は約3ヶ月くらいでした。


持続性には個人差があり、半年の人もいれば1年という人もいます。

再度注射することで効果は継続できる

効果を継続させるためには、ボトックス注射を定期的に行えばできるのですが、


何度も治療するために足を運ぶことになります。


私の効果は3ヶ月程度の持続だったので、年間で4回も通うことになりました。


手術するよりも安いけど、何度も通うことになると、


けっこう治療費もかさんでしまってました。

回り道してたどり着いた改善方法

ボトックス注射も効果があってよかったのですが、


持続性が一生続くわけではなかったので、


通う手間と費用に負担を感じてしまいました。


お金をかけないでワキガを改善することなんて出来ないですが、


通う手間や時間は何とかしたいなと思いました。


手間は最小限で、ワキガ改善の効果は同等かそれ以上の方法として、


たどり着いたのはデオドラントクリームの活用です。


今はかなり効果があるデオドラントクリームが、


わざわざ出かけて買いに行かなくても、


インターネットで自宅に居ながら手に入れられます。


今の私は、この方法でワキガ改善を行っています。